太っている人の中には「ラーメン好きな人」が多く存在します。

ラーメンは高カロリーな食事であるため、たくさん食べ過ぎれば太ってしまいます。しかし「よくない」とわかっていても、なかなかやめられない人が多いです。

私も炭水化物が大好きで、特に麺類は外食だけでなく自宅でもよく食べていました。ダイエットを始めてからも、なかなか麺類を止めることができずにとても苦しみました。

そこで非常に役にたったのは「とんこつ風の豆乳ラーメン」の置き換えレシピです。

では、実際にどのように作るのかと栄養面に関して説明します。

やせるには「言いわけ」をやめることから始めよう

多くの人はダイエットを始めないときに、理由としてさまざまな言い訳をします。例えば「仕事が忙しくて料理なんてできない」「子供がいるから食事制限なんて無理」「運動なんてやったことないからできない」などです。

以前の私も同じような言いわけをたくさん使い、自分の「やせたい」「もっと健康でいたい」という願望を無視していました。その方がダイエットにチャレンジしなくていいため楽だったからです。

また挑戦しなければ失敗をすることがないため、周りから「あの人はやせると宣言してたのに全然やせない」と蔑まれるようなこともありません。

しかし実際には、周囲の人たちは口にしないだけで「あの子また太ったな。 だけどそんなこと気まずくて言えない」「まるまると太っていて、きっとだらしない生活をしているのだろう」と思っています。

私も自分の体型の変化には、薄々ながら気がついていました。しかし見て見ぬ振りをしていました。

気づかないふりをしていれば、今まで通り大好きな炭水化物(ごはんやパン麺類、お菓子類)を好きなだけ食べていられます。

食事は今まで通り、外食やインスタント食品などで済ませて楽をすることができます。

ダイエット開始を宣言しなければ、毎日このような高カロリーな食事を好き勝手に食べたり、ダラダラした生活をしたりして、辛いダイエットをする必要がありません。

その代わり、「やせることができない自分に対する自己嫌悪」は永遠に付きまといます。

この自己嫌悪は太っている限りなくなることがありません。

この状態から抜け出すためには、自分の気持ちに正直になり言いわけをやめてダイエットを始めることで、この自己嫌悪はなくなります。

では、言いわけをやめるには何から始めればいいでしょうか?

ダイエットをしない言いわけを止める方法

多くの言いわけは、「ダイエットを実践することで起きるストレスを回避したい」という気持ちが原因です。

特に食事制限は大きなストレスになりやすく、とても辛い作業になります。

この食べられないストレスを回避するためには「好きな食べものを諦めずに、やせる食品に置き換える」という考え方がもっとも有効です。

私もいかに好きな食べものを、低カロリーで低糖質なやせやすい食品に置き換えるかを考えて食事を摂るように心がけています。

そのためいつも、あらゆるダイエット食品やサプリメントを試したり、ダイエットレシピを探したりして料理をするようにしています。

前述のように、私は麺類が大好きです。特にとんこつラーメンが好きで、食べたくてイライラするほどでした。そこでダイエット中でも食べられる「とんこつ風の豆乳ラーメン」を作ってみました。

とんこつ風の豆乳ラーメンは、豚肉は使わずに豆乳と野菜、しらたきを使って作ります。低カロリーなダイエットラーメンなのにも関わらず、意外にも食べ応えがあり満足感があります。

では、そのダイエットラーメンのレシピを紹介します。

「とんこつ風の豆乳ラーメン」のダイエットレシピ

とんこつ風の豆乳ラーメンは、普通のとんこつラーメンと違ってスープを作る時間がかかりません。20~30分ほどで簡単に作ることができます。

また大体の家庭にある食材で作ることができます。まずは材料を説明します。

とんこつ風の豆乳ラーメンの材料
しらたき(糸こんにゃく)、無調整豆乳、だし汁(水、昆布もしくはカツオ節)、味噌、醤油、白ネギ、にんにく、しょうが、ごま油

またお好みで、白ごまとコショウを使っても美味しく食べることができます。

では次に、料理を始める前に行う「しらたきやだし汁の下ごしらえ」を説明します。

とんこつ風の豆乳ラーメンを美味しくする下ごしらえのやり方

まずは、しらたきの下ごしらえ方法を紹介します。しらたきの下ごしらえにはお湯とザルがあればできます。

しらたきの下ごしらえ

  1. しらたきを袋から出し、ザルに入れます。
  2. しらたきにお湯をかけ流し、独特の匂いを取り除いたら出来上がりです。

下の写真が、下ごしらえした後のしらたきになります。

次に、だし汁の作り方です。

ヘルシーなだし汁の作り方

私の場合、時間があるときは前日の夜からだし汁の準備をします。

    1. 容器に水、昆布もしくはカツオ節を入れて、一晩冷蔵庫に入れておきます。
    2. だしをとった昆布やカツオ節はそのまま料理に使うか、気になる人はザルを使って取り除いてだし汁のみを使います。

下記は私がよく作る昆布だしです。

だし汁には、市販のだしの素パウダーやめんつゆを薄めて使うこともできます。しかし、これらの調味料には食品添加物が含まれるので、健康的に痩せたいのならば、なるべく避けましょう。

食品添加物を大量に摂取することで、体内で活性酸素が発生します。活性酸素は新陳代謝を悪くして太りやすくなる原因になります。

もしも時間がないときは、鍋に水、昆布もしくはカツオ節を入れて煮出すことでも、簡単にだし汁を作ることができます。

とんこつ風の豆乳ラーメンの作り方

では、作り方を説明します。

とんこつ風の豆乳ラーメンの作り方
1. まず、にんにく、しょうが、白ネギをみじん切りにします。
2. 鍋にごま油を入れて、みじん切りにした材料を弱火で炒めます。

このとき、焦がさないように弱火でじっくり炒めましょう。

3. いい香りがしてきたら、だし汁と無調整豆乳を入れ中火にします。

無調整豆乳の量を多くすれば、こってりした感じに仕上がります。

4. シュワシュワと泡が鍋の周りに出てきたら火を止めて、味噌を溶かして入れ醤油で味を整えます。

味噌と醤油の量が多くなると塩分の取りすぎになるので、味を確認しながら少しずつ入れましょう。これでスープは完成です。

 5. 最後に、下ごしらえで準備した、しらたきを器に盛り付けてスープをかけます。お好みで白ごまやコショウをかければ完成です。

ラーメンの具材には、もやし、ほうれん草、海苔などを一緒に盛りつけると、よりボリュームが出て美味しく食べることができます。

下記は、出来上がったダイエットラーメンの写真です。

また、材料をみじん切りにすることが面倒な場合は、フードプロセッサーやブレンダーを使って粗めに刻むと、とても簡単に料理できます。

私はブレンダーを使うときに、よく混ざるように少しだけだし汁を入れます。ブレンダーで材料を細かくすると、こってりとしたスープになります。

サラサラとしたスープが好みな方は、材料を包丁で刻むやり方をオススメします。

では最後に、このラーメンを食べる上での注意点を説明します。

豆乳ラーメンの注意点!大豆製品を食べ過ぎると太る

とんこつ風の豆乳ラーメンのレシピを紹介しました。

実際に、飲食店のラーメンや自宅で食べるインスタントラーメンに比べれば、低カロリーで低脂肪なためダイエットラーメンと呼べます。

ただし栄養面を考えると、この豆乳ラーメンを食べるよりも肉や魚類を食べた方が、やせ体質になることは間違いありません。「低カロリーで美味しいから、たくさん食べても大丈夫!」と言って食べすぎると太ってしまいます。

大豆製品を摂取しすぎると脂肪が増えてデブ体質になる

多くの女性は「豆腐や豆乳などの大豆製品は、女性ホルモンが増えて健康的」という勘違いをしています。

ダイエット中は摂取カロリーを抑えるために、豆腐ばかりを食べたり、大豆プロテインを使ったダイエット食品などで食事を済ませたりする人も多いでしょう。

しかし大豆製品を食べすぎると、逆にホルモンバランスが崩れて太ってしまうということがわかっています。

今回紹介した「とんこつ風の豆乳ラーメン」には、豆乳や味噌などの大豆製品が使われています。そして植物性エストロゲンが含まれるにんにくも使われています。

このことからも、「美味しいし低カロリーだから」という理由だけで、同じダイエットメニューを食べ続けることは危険です。

「とんこつ風の豆乳ラーメン」は週に1〜3回がベスト

置き換えダイエットは、摂取カロリーを抑えることができるため、効果的なダイエット方法です。

しかし多くの人が、一時的に置き換えダイエットをしてやせても、置き換えをやめた途端にすぐにリバウンドします。

ダイエットラーメンばかりを毎日食べずに、週に1〜3回取り入れるくらいがちょうどいいです。

そして「ダイエットラーメンに置き換えているから」という言いわけをして、高カロリーで高脂質な栄養バランスの悪い食事をしていればやせることができません。

はじめに述べたように、私は長年、炭水化物ばかりを食べていたため偏った食生活になり70kgまで太りました。

普段の食生活で、肉や魚、野菜などバランスがいい食生活を心がけてこそ、置き換えダイエットは成功します。

またどうしても料理することができない人は、市販のダイエットラーメンを取り入れましょう。

市販のダイエット食品なども上手に取り入れる

置き換えダイエットに成功するためには、低コストで続けやすい必要があります。ここでいうコストとは、お金だけではなく時間も含めます。

今回は自宅によくある食品を使って、ダイエットラーメンを作る方法を紹介しました。しかし中には、非常に忙しくて料理やスーパーへ買い物する時間すらない人も存在します。

そんな人は、外食でラーメンを食べる代わりに市販のダイエットラーメンを使って、気軽に置き換えダイエットをすることで、ダイエットが続けやすくなります。

私は仕事が忙しい時期などは、市販のダイエットラーメンや低カロリーなところてんなど、5分ほどで食べられる低カロリーなダイエットフードを準備するようにしています。

そうすることで、「忙しいから、今日はラーメンを食べて帰ろう!」などの言いわけができなくなります。

また市販のダイエットラーメンは薄味で、しょうゆ、しお、とんこつなど種類も豊富です。そのため、飽きることがなく続けることができます。

薄味のダイエットラーメンに慣れてくると、外食のラーメンやインスタントラーメンの「味が濃すぎて美味しくないな」と感じるようになります。

私も今では、外食でラーメンを食べることはほとんどありません。

まとめ

これまで述べたように、「とんこつ風の豆乳ラーメン」はしらたきを麺の代わりに使っているため、小麦粉(糖質)で作られた麺を食べるラーメンより、はるかにダイエットに向いています。

しかし、大豆製品の摂りすぎはホルモンバランスが壊れてしまい、やせにくい体質になってしまいます。

また「何かひとつの食品を食べ続けるダイエット」は、栄養バランスが崩れてしまい、すぐに挫折して体重がリバウンドしやすいです。そのため、今回紹介したレシピの豆乳ラーメンだけを毎日たべることは、オススメできません。

このダイエットラーメンは「どうしてもラーメンが食べたくなったときに食べる」と考えて、多くても週に1〜3回食べる程度がベストな置き換え方法です。

また時間のない人は外食を避けるために、市販のダイエットラーメンなどを使ってみるのもいいでしょう。

このダイエットメニューを日々の食生活のレパートリーに加えて、ストレスのない継続できるダイエットを行っていきましょう。